プレ化粧水や基礎化粧品を成分から選んでいく方法

ニキビを作らない

ニキビ跡を作らないためには、そもそもニキビを作らないようにするのが大切です。ニキビができるとついついたくさん洗顔してしまいがちですが、それでは肌の皮脂分泌が過剰になってしまい、余計ニキビができてしまうことになります。そのため、朝と夜の二回の洗顔で十分です。また、使用するお湯は熱すぎず冷たすぎないぬるま湯をおすすめします。洗顔フォームが顔に残らないようにしっかりすすぎましょう。そして、洗顔後には保湿をしっかりすることが大切です。乾燥もニキビの大敵です。赤く腫れているニキビ跡は、まだニキビそのものが治りきっていない場合が多いです。そのため、正しいニキビケアをすることにより、改善することが可能なのです。

ニキビ跡の中でも厄介なのがクレーターです。家庭での治療では治すことができないと言われています。ですが、諦めないでください。現在は、病院での治療により改善することができると言われています。方法としては、ケミカルピーリングやレーザー治療が有名です。ケミカルピーリングは、薬剤を肌に塗り古い角質を落とすことにより、肌のターンオーバーを促す方法です。軽度のクレーターでしたらケミカルピーリングで効果を期待できます。ケミカルピーリングで治すことが難しいならば、レーザー治療が良いでしょう。ただし保険適用外なのでお金が掛かりますし、長い年月をかけて治す覚悟をしなくてはいけません。いずれにせよ、情報や口コミに惑わされず、医師としっかり話し合ってニキビ跡治療に踏み切ることが大切です。